ゆる~っとのぺ~っと

超メンタル弱子なくせに、毒だけはしっかり吐き出してます。(^-^;

日々思ったことを嘘偽りなく(盛りもなく)綴っております。(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

メンタル崩壊については、プロフィール&【今更のスペック】をご覧下さい。m(_ _)m

不定期更新です。生暖かく見守って頂けると幸いです。m(_ _)m

ハグ好きになったきっかけ・・・。

十数年前まで私は泣き方が
わからなかった。


養父とアホ女の再婚は私が
5歳の時。


祖母の家に養父があいさつ
しに来た時には私を膝の上に乗せ、
絵本を読んでくれたんだよね・・・。


だから第一印象としては
当然【優しいおじさん】だった。


一緒に暮らすようになって
数週間か、数ヶ月後の休日。
養父は自営業者なので、
起きる時間、寝る時間バラバラで
超不規則。なので、その日も
寝ている養父とアホ女を
起こさないようにと外で
遊んでいた。


アパートの2階から養父が
降りてきたので、
【おじちゃんおはよう\(^o^)/】
と元気よくあいさつ。


次の瞬間・・・
【何がおじちゃんだ!!】と
鼻血が出るほど殴られ、
数メートル飛ばされるほど
蹴っ飛ばされた。


↑この日からDVが遠慮なしに
 はじまったので、鮮明に
 記憶されてるのです。(T_T)


当然大泣き状態の私・・・。


その泣き声がうるさいと
家の中に入れられ暴行。


そんな事が習慣的になってきて、
泣くことを我慢できる子に
育ったというかなんというか(^_^;)


当然今までお付き合いしてきた
人達に【可愛げがない】と
言われ続けてきた。


そんな道を歩いてた時、じじと出逢う。


じじは見た目グリコ森永事件の
キツネ目の人にそっくりで、
最初(この人危ない人かなぁ)と
思ったんだけど・・・。


その印象は間違ってはいなかった。
私と愛猫以外には超冷たいし、怖い(T_T)


話脱線すみません。(^_^;)


とにかく、付き合うというか、
一緒に遊ぶようになってからしばらくして、
唯一の友だと思ってた人に傷つけられ、
落ち込んでいた時、ご飯も喉に通らないほど
落ち込んでいるのに、それでも私は
泣かなくて・・・。


そしたら、じじが【泣け!】と・・・。
後にも先にもじじが私に怒鳴ったというか
あんな大声出したのはこの時だけ。


私が泣くまで怒鳴り続けたというか、
叫び続けたというか・・・。


そしてうわぁーーーーーーっと
30年ぶり?声というか嗚咽?と
いうか、とにかく泣けたんだけど・・・。


そんな自分にビックリして一瞬
フリーズしてたらじじが
【いい子だ】とハグ・・・。


そのハグが何というか、
とってもあったかくて、
優しさと愛がダダ漏れで・・・。


それから恩返しというか、
みんなに私が感じた幸せをわけたくて、
愛猫に毎日数百回はもちろんの事、買い物中に
見かけたお子達にも【ハグさせて~】と
【そのうち変質者が居ますって通報
されるぞ】とじじに言われてしまうほどの
ハグ好きになったしだいであります。
(*´ω`*)


でも、じじ本当に他人には冷たい
んだよね・・・


怖くて愚痴も言えないし・・・。


あのコンビニの店員さん超態度悪い。
と言えば店員さんに文句言いに
行っちゃうし・・・。


あの人、人にぶつかってきて謝りも
しないんだよ。と言えば、
わざわざぶつかりに行ってみたり、
大声で【人にぶつかっといて謝りも
しないって、礼儀のない人間だよな!!】
と叫ぶもので・・・(T_T)


何か超過保護な父?兄?に育てられる
気分・・・(・_・;)


でも、感謝してるよじじ。
私の今までを、欲しかったものを
埋めてくれてるというかなんというか・・・。
私を普通にしてくれてるというか・・・。
けど・・・普通超えてる気がするが・・・。


↑本人には絶対感謝してるなんて
 言わないけどね。
だって言ったらじじますます過保護に
なると思うから・・・。(^_^;)


っと、またまた脱線すみません。(^_^;)
m(_ _)m



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。